仕事を辞めるための第一歩

仕事がツラい。辞めたい。
でも、仕事を辞めたらどうやって生活していけば良いのだろう。


仕事を辞めたいと思ったとき、一番困るのは「お金」の問題。
何もしていなくても、生きているだけでお金はかかります。

お金に困らないためには

「もっとお金がたくさんあれば、楽に生きられるのに」


それは確かにその通りだけど、考え方が微妙にズレています。
楽に生きるためには、お金を増やすよりも、出ていくお金を減らす方が先。


高収入でも、家賃の高い家に住んで、外食三昧、ブランド品を買うのが大好きなんて人は、ある日突然収入が断たれたら、すぐ破綻します。


逆に、収入は低くても、実家や家賃の安い家に住み、自炊をして、贅沢をしなければ、急に仕事を辞めても、不安は少ない。


「倹約ばかりの生活をして、何が楽しいのか」と思うかもしれません。ていうか、自分もそう思ってた。


でも、仕事がしんどくて、精神的にもう限界。辞めて自由になりたい・・・


そう思い始めたら、お金を使う贅沢なんてどうでもよくなります。
最高の贅沢は、高価なブランド品や外食なんかではなく、何にも縛られない自由な時間。
そして、生活費が低ければ低いほど、お金の不安も軽減される。

家計を把握することの重要性

というわけで、仕事を辞めるにあたって(というか、辞めなくても)、まずは家計を把握することから始めましょう。
毎月、何にいくらお金を使っているのか。倹約しつつも、今の生活を続けるためには、毎月最低いくら必要なのか。


一番簡単なのは家計簿をつけることです。紙の家計簿でもよし、家計簿アプリでもよし。私はPCの表計算ソフト(ExcelやNumbersなど)を使って簡単な家計簿を作りました。


とりあえずひと月だけでも家計簿をつけてみると、毎月必ず出ていくお金がわかります。
たとえ毎月黒字だったとしても、意外とお金を使っていたことがわかると思います。

更に、2か月、3か月と続けていくと、「毎月払ってるコレ、無駄だな」とか「先月は使いすぎたと思ってたけど、結局今月も同じくらい使ってる」とか、気付かなかったムダに気付くようになります。


それがわかったら、次は何が減らせるかを考えます。


ここで「頑張って食費を切り詰めよう」とか「電気をこまめに消して節電しよう」というのはあまりお勧めしません。外食を減らすのは良いけど、たまにはお菓子とか食べたいし。我慢が必要な割に、大して支出は減らせません。


減らすべきは、固定費です。毎月必ず出ていくお金のうち、金額の大きいものから見直していく方が、当然効果は大きい。家賃の安い家に引っ越すとか、保険を見直す(解約する)とか、携帯電話を格安SIMに替えるとか。


こうして、家計を把握し、最低限必要な生活費を減らせれば、それだけでお金に関する不安はぐっと減ります。仕事を辞めても、すぐ生活に行き詰まることは避けられそうです。

今すぐ家計簿をつけよう

恥ずかしながら、私は仕事を辞めることを意識し始めるまで、家計をろくに把握していませんでした。当然家計簿なんてつけておらず、毎月の収支が黒字なのか赤字なのかすらよくわかっていない始末。

「どうせ毎月赤字でも、ボーナスで取り戻せるから大丈夫」と思っていて、その割にはボーナスが入るとすぐ欲しいものを買っていました。物欲を満たすために働いているようなもの。これでは、いつまで経っても豊かにはなれません。

そんな生活を送っているうちに、仕事に追い詰められ、辞めることを意識し、毎月貰える給料が当たり前でないことに気付くのです。
今辞めたら生活していけるのか、不安でたまらなくなります。
ただでさえ仕事で追い詰められているのに、更に不安に追い詰められます。

心穏やかに生きるために、今すぐ家計簿をつけましょう。


就職して間もない頃の自分に教えてあげたい・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました