日本人はマナーが良すぎる?

普段日本で暮らしているとなんとも思わないけれど、たまに海外の様子をニュースなんかで見たりすると、日本人はマナーが良いんだな、と思う。

お店での順番待ちや駅で電車を待っている時など、みんなちゃんと並んで順番待ちしているし、通路を歩く時だってみんな片側に寄って、ぶつからないように歩いている。

車を運転している時だって、ちゃんと左側通行を守っているし、右折する車は対向の直進車が通り過ぎるのを待っている。

それは法律で決まっているんだから当たり前だと思うかもしれないけれど、これが他の国では当たり前ではないのだ。

東南アジアを旅行する人の動画をYouTubeで見たりすると、平気で逆走するバイクや、左折車(右側通行の国)が対向車の合間を無理やり通っていく様子がたくさん見られる。

危ないけれど、みんな器用に、事故を起こさずにすれ違っていく。

それが当たり前だから、誰も怒ったりしない。

日本人だって、みんなマナーを守っているわけではない?

先日、こんなことがあった。

とある公共施設で用を済ませたあと、私は出入口から出ようとした。

ほぼ同時に、年配の男性が入ってこようとした。

昨今の情勢に鑑みてか、出入口の中央はパーテーションで区切られ、床には「入口」「出口」と大きく書かれており、人が接触しないように配慮されている。

入口も出口も人一人分の幅だ。

当然私は「出口」を通って出ようとした。

その年配の男性も「出口」を通ってきた。

人一人分の幅しかないので、仕方なく男性が通り過ぎるまで手前で待った。

すれ違いざま、男性と目があったけれど、「何か用?」とでも言わんばかりの顔で、当然のように通り過ぎていった。

正直言って、腹が立った。

帰り道、ずっとこの出来事が頭から離れなかった。

その男性の前に立ちはだかって「入口を通れ」と言ってやればよかったか。

でもそんなことをしても、きっとトラブルになって余計に時間がかかるし、疲れるだけだ。

そもそも、出口から入ってきたその年配の男性が悪で、出口から出ようとした自分が正義なのか。

別に出口から入ったって法律に違反しているわけじゃないし、周りに人がたくさんいてみんなが迷惑したわけでもない。

文化の違い

そんな時、YouTubeで見た他国の様子を思い出す。

逆走するバイク、割り込んでくる車。

みんなそれが当たり前だから、別に怒ったりしない。

他にこんな動画もあった。

インドで寝台列車の指定席券を買い、いざ乗ろうとしたら、既に自分の寝台に他人が座っているのだ。

声をかけても退いてくれない。奥に詰めて空間を空けてくれるだけだ。

インドではよくある光景らしい。

スペースが空いていれば、座れるだけ座るのだ。

誰も悪いことだと思っていない。

「どけ!」と言ったところで「なんでそんないじわるするの?詰めれば座れるのに。」と思われるだけだ。

ゆるい気持ちで生きていこう

先ほどの話に戻ると、自分は急いでいたわけでもないのだから、その男性が通り過ぎるのを待っていれば良いのだ。

何なら周りに誰もいないんだから、出口から入ってくる人がいたら、自分は入口から出たって良かった。

全ての人がマナーを守るのが当然だと思っているから、腹が立つのだ。

もちろんこれは、マナーを守る必要はないと言っているわけではない。

自分はこれから先もマナーを守って、他人になるべく迷惑をかけないように生きていくつもりだ。

でも誰だって、生きていれば人に迷惑をかけていても気づかないこともあるし、余裕がなくて周りに配慮ができない時があるかもしれない。

そんな時、「マナーを守れよ!」と怒るのではなく、
「そんな時もあるよね」と思えるほうが、
心に余裕ができるし、疲れないし、穏やかに生きていける。

周りに配慮して「空気を読む」文化が過剰になると息苦しいし、
一歩踏み外すと過剰に責められる雰囲気が今の日本にはある気がする。

マナーを守ることが当たり前ではなく、むしろ大多数の人がマナーを守っている現状が、奇跡なのだ。

たまにマナーを守れない人がいるのは、それこそ当たり前なのだ。

もっとゆるい気持ちで、穏やかに過ごせたらいいな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました